Mac_News

Macサブノートは1500ドル?

APPLE LINKAGEさんより。

Appleは噂されているサブノートブックを1月のMacworldで発表し、さらに3G版iPhoneを遅くとも6月までに発売するようだとレポートしていると伝えています。新しいサブノートブックは、12インチディスプレイを搭載し(AppleInsiderは13.3インチのディスプレイを搭載すると伝えています)、現行MacBook Proよりも50%薄く、ハードディスクドライブの替わりにNANDフラッシュメモリを搭載するとのことです。価格は1,500ドルぐらいになるようです。

どんなマシンになるにしろ、発表が楽しみな1月です。Macでモバイルしたいと願うユーザーの悲願のサブノート。

1500ドルという具体的な数字が出始めました。17〜18万円前後ですね。価格的には多少MacBookより高くなるものの、魅力あふれるマシンになりそうな予感。

| | コメント (2)

Ultra-portable Apple notebookついにくるか?

Macbookmini0702141

Ultra-portable Apple notebook to splash down at Macworld Expo

APPLE LINKAGEさんの情報より

AppleInsiderでは、Apple Inc.が、来年1月15日から開催されるMacworld Expoでウルトラポータブルノートブックを発表するようだと伝えています。サブノートブック市場への再参入となるアルミニウム筐体の13インチサブノートブックは、現行の15インチMacBook Proよりも約50%軽量化されより薄型になるとのことです。13インチサブノートブックは、小型化を図るために光学式ドライブが省かれ、消費電力を抑え、起動時間を短縮するNANDフラッシュドライブと、同じく消費電力を抑えるLEDバックライトが採用されるようです。

今まで何度となく噂にあがり、そして実現しなかったMacのサブノート。今回の情報が真実ならば非常にうれしい事態を引き起こしてくれそうです。

やはり液晶サイズは現行のままで、軽量化をはかったモデルのようです。光学式ドライブについてはモバイルノートには必要ないような気がするので、省略化は問題なし。重さも現在のMacBook Pro(15inch)2.45kgの半分ということは1.3kg弱。これならばどこへでもつれて歩けます。

またNANDフラッシュドライブを採用ということで駆動部品が少なくなり、かつ省電力アンド高速なデータアクセス。もはや今のところいうことなし。駆動時間がどれくらいか気になるところですが、現在使っているiBook(14inch)がネットにつないで余裕で4時間は駆動できることを考えると、iBook(14inch)なみの駆動時間を実現してくれればOKです。

ともあれ、本当に発表になるのかは来年1月のお楽しみということで、久々にとてつもなくわくわくしております。

こい!Ultra-portable Apple notebook!

| | コメント (0)

2007年第3四半期日本PC市場-Appleのシェア-2.2%

APPLE LINKAGEさんの記事より

2007年第3四半期日本PC市場の出荷台数がこちらのサイトで速報として出されている。

2007年第3四半期国内PC市場速報を発表
2007年11月6日
IDC Japan株式会社

それによると2007年第3四半期(7月〜9月)日本PC市場の出荷台数は前年同期比3.6%減の342万台ということだ。

NECは、前年同期比4.0%増で、今期は1位。
富士通は、昨年並みの出荷台数を確保し、再び2位に浮上。
Dellは、シェア落とす。
東芝は、前年同期比17.7%減と前期同様マイナス成長を続けているそうだ。
HPは、前年同期比18.3%増で3期連続前年比2桁成長。
という具合。

Appleのこの期の出荷台数は7万2,000台らしい。そこから計算すると日本PC市場におけるAppleのシェアは2.2%ということになるらしい。あれ?計算したら2.1%。まあ、いいか。

この数字をどうみるか。個人的にはそんなにMacが氾濫してほしくないという気もするし、でも、売れてくんないといろんなところに影響出るし、難しいところだ。あまりみんなが持ってないMacだからこそ、ちょっとだけうれしいという気もするのである。(ご近所さんでMac持っている人、ここ10年で全く遭遇していない。それはそれで寂しい。)

| | コメント (0)