シグマリオン3

シグマリオン3久々に使ってみる

持ち歩くマシンはアドエスとiPhoneになりました。
でも今日久しぶりにシグマリオン3を使ってみました。このサイズでフルキーボードを搭載しているマシンはシグマリオン3以降あまり存在しません。HDがないので多少ラフに扱ってもOK。バッテリーもテキスト打ちを中心に考えるなら1日余裕で持ちます。(無線LANにつないじゃうとあっという間に私のシグマリオンはバッテリを消費してしまいます。)

午前中、仕事の書類を作成しなければいけなかったので、シグマリオン3を使って下書を書きました。いつもはMacBookで書きMacBookで体裁を整えMacBookとプリンターをつないで印刷するのですが、今日はシグマリオン3を使ってみました。

続きを読む "シグマリオン3久々に使ってみる"

| | コメント (0)

VAIOにもシグマリオン3にもesにもTOMBO

何度も紹介をしているソフトにTOMBOがあります。

TOMBO Project

ここしばらく使ってはいなかったのですが、9末になってから日記を書こうかなとふと思いたってシグマリオン3に入れている0号で日記を書いていたのでした。しかし、えんえんとこのままつづく文章を毎日打っていてはやたらと長くなって一覧性が悪くなってしまいます。そこでTOMBOを使うことにしたのでした。シグマリオン3にインストールしているはずのTOMBOを起動しました。しかし、一向にたちあがりません。そこでまた、最新版をダウンロードしてふたたびインストールしました。

その後無事起動を確認(^^) よかった。

気づけばesにも、そして母艦のVAIOにもTOMBOが入っています。VAIOとは寝る前にシグマリオン、esともに同期しますので、TOMBOのフォルダをMy Documentsに入れておけば、自動的に母艦のフォルダと同期してくれます。これはこれですんごく便利なことではないかと。基本的にシグマリオン3で日記は書きますから、この同期した後のファイルをesにコピーしてやれば、TOMBOの同じデータファイルが3機種に入っていることになります。

どうやらActive Sync時にTOMBOのデータを同期できる設定もあるようですが、以前同期で大失敗をしている自分としては、この部分は手動で行うようにしています。

TOMBOっていろいろテキストデータを入れておいて閲覧しつつ検索もというように、テキストベースの情報に関しては重宝するソフトなので、これが3機種に全部はいっていてデータも同期されているということは、うーんすごいんじゃないかなと思います。

母艦をWinにしてから、このように小さく驚き感動している部分が多いのが事実です。予定表の同期しかり。どっちがいいということではなく、MacにはMacのよさが、WinにはWinのよさがあるなあと感じています。

| | コメント (0)

シグマリオン3の予定表アプリ(GEMini-PIMS Calendar)をアップデートする

シグマリオン3を母艦VAIOとシンクロさせました。5000件の予定データも短時間で同期完了。ここまではよかった。

シグマリオン3の予定表アプリ(GEMini-PIMS Calendar)を立ち上げてみると、お お 重い(; ;)

まったく使える表示速度ではありません。

こりゃいかんわ。と投げかけたところ、思い出しましたよ。モバイルカスタムにアップデート版があったのを。早速、esをモデム代わりにしてアップデート版をダウンロードしてインストールしました。

おお!月間表示で件名が文字表示されるようになっています。月間週間とも表示切替時に若干砂時計が出現しますが、我慢できないレベルではありません。

これで、esで記入した予定を夜シンクロしてOutlookに流し込み、その後にシグマリオン3も同期をかければ最新データもシグマリオン3に収まるということになります。

シグマリオン3の液晶の大きさであれば一覧性が高いし、見やすいですね。まだまだ使えるマシンだなあ、シグマリオン3。

今日、初めてうわさのLOOX Uを触ってきました。小さいですねえ。ほんとうにシグマリオン3くらいの大きさです。横幅はLOOXのほうがせまいのかな?しかし、キーボードがいただけません。これは私はだめですねえ。打ちにくかったです。なれるかどうか判断つきにくいキーボードでした、私には。価格は14万ちょいでした。

| | コメント (0)

W-ZERO3[es]をシグマリオン3のモデムにする

Hi390200

私の環境ではシグマリオン3にはネット接続する手段がありません。ActiveSyncでネットにつなぐということはできますが、単体では無理です。シグマリオン3でそんなにネットにつなぐ必要性があるか?といわれればそうないのかもしれませんが、なんとなく心もとない。

それではといろいろとググってみるとありましたありました。

【 ZERO3をモデムとしてシグマリオン3と接続 】

「モバイルつれづれ日記」さんの上記の記事にたどり着きました。

USBホストケーブルは今日朝届いたリトラクタブルUSBホストケーブルを使います。これを試したかったのです。

手順は「モバイルつれづれ日記」さんの記事を参考にさせてもらいました。

最初シグマリオン3側でW-ZERO3[es]の認識がうまくいかず、232USB.dllを入れ替えをしたりとちょっとだけ手間取りましたが、無事ネットに接続することができました(^^)/。

通常はesでネット接続をするので、出先でこの技を使うことはないとは思いますが、非常用として、ネットにつなぐ手段があるということは安心です。欲をいえばesのW-SIMを引っこ抜いてDDにさし、ホストケーブルでシグマリオン3と接続ができればとり回しが楽なのですが、これはどうやら無理っぽいので試してません。検索かけてもだめだったという情報だけなのでチャレンジしてないのです。

ともあれ、シグマリオン3のモデムにesを使うことができるということだけでうれしくなってしまいます。なにか間違っている気がしないでもないのですが(^^;

| | コメント (4)

シグマリオン3用W-ZERO3[es]用にUSBホストケーブルを購入

Hi390199

USBホストケーブルはザウルスSL-C3100.1000を使っていたときに持っていたのですが、ザウルスを手放すときに一緒に手放したので、手元になかったのです。通常のケーブル型を980円ほどで前は購入したのですが、この値段のものってなかなかないですね。あっても無駄に長い(笑)。10cm程のケーブル&リーズナブルのものを探して検索。

見つけました。Vis-a-VisのリトラクタブルUSBホストケーブル。大御所を検索するのを忘れてました。コンパクトで伸び縮みする取り回しのよさそうなものです。この形式のシンクケーブルは前持っていたのでこれならばと思い発注。中1日あけて今日朝届きました。

想像どおりコンパクトでしっかりと対応機器にW-ZERO3[es]とシグマリオン3の表記がされており安心です。とりあえずesにつないでキーボードを接続してみました。問題なしです。

あとはこれを使ってあることをするだけです。


| | コメント (0)